(出典 geitopi.com)

6月上旬の朝8時過ぎ、閑静な高級住宅街に、犬を散歩させる俳優の高良健吾(32)と女優の黒島結菜(23)の姿があった。二人で周囲を散策した後、高良は一人帰路についたが、帰ったのは黒島宅から徒歩8分ほどの高級マンション。しかも、その2時間後には、高良は着替えを済ませて再度黒島宅を訪れた。

昼過ぎになると二人は再び姿を現し、近くのコンビニへ。


(出典 amd.c.yimg.jp)


(出典 nobiciro.com)

少ししてコンビニを後にすると、突然の風が。コピーしたばかりの紙が飛ばされてしまった……。ここで、すかさず高良が足を伸ばし、なんとか靴の裏で紙を押さえることに成功した。高良の奮闘に黒島は大笑い。労ねぎらうようにカレ氏の腰に手を回すと、高良もまたカノ女の背中に手を置くなど、何ともいいムードである。


(出典 blog-imgs-142.fc2.com)

’13年に女優デビューした黒島は、NHKの土曜時代ドラマ『アシガール』などに主演し、昨年の大河ドラマ『いだてん』や朝ドラ『スカーレット』に抜擢された期待の実力派。今年3月には、周防正行監督の新作『カツベン!』で日本アカデミー賞新人俳優賞も受賞した。

一方の高良は、’13年に『苦役列車』で日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞し、一流俳優の仲間入りを果たす。朝ドラ『べっぴんさん』や映画『シン・ゴジラ』にも出演し、その役柄の幅広さからカメレオン俳優と称される。

「高良は『花燃ゆ』の共演がキッカケで知り合った黒島との関係を深めていったようです。『カツベン!』で共演した際には、二人の息がピッタリだと現場でも評判でしたね」(スポーツ紙記者)


(出典 geitopi.com)

目と鼻の先に住んでおり、二人は頻繁に家を行き来している。それならいっそ同棲してもいいのではと、いらぬ世話を焼きたくなるが、そうもいかない事情があるようだ。

「事務所は黒島さんを清純派女優として大事に育てており、恋愛するのは自由だが、同棲はさせない方針です。そこで高良さんと相談して、わずか650mしか離れていない近場にお互いが住み、頻繁に通う交際をしているのです」(黒島の知人)


(出典 hikari-iyashi.com)

二人の関係について高良の所属事務所に尋ねると、

「プライベートは本人に任せております」

との回答だった。

微笑ましいカップルがまた1組誕生である。

引用元
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200618-00000012-friday-ent

つるた
@kozeniatumeBLUE

ママン、高良健吾と黒島結菜のて熱愛には興奮してて、安心🎶

2020-06-19 20:49:15

(出典 @kozeniatumeBLUE)