(出典 www.sponichi.co.jp)

 新型コロナウイルスに感染し、約1か月の入院を経て、自宅療養中の石田純一(66才)。しかし、世間からの風当たりは強いままだ。


(出典 contents.oricon.co.jp)

 石田は4月10日、“仕事”を理由に沖縄県を訪れるも、体調が悪化し、13日に帰京。その後、PCR検査で陽性となり、入院した。

 また、沖縄ではゴルフを楽しんでいたことが判明。


(出典 www.zakzak.co.jp)

さらに、新型コロナが猛威を振るい始めた3月末にハワイへ行っていたことが発覚。緊急事態宣言直前の4月5日に茨城県でゴルフに興じていたことも報じられた。この時は、会社経営者ら男女8人とゴルフをプレーした後、女性2人が加わって、夜には会食を楽しんだとのこと。女性らにも陽性反応が出ている。

 現在は退院し、自宅療養となっている石田だが、必ずしも“平穏”とはいえない生活を送っているようだ。妻・東尾理子(44才)の怒りが尋常ではないのだという。



(出典 uaring.com)


◆ゴルフ後に美女と…は初めてではない

 石田と理子の間には、長男の理汰郎くん(7才)をはじめ、まだ幼い3人の子供がいる。しかし多忙な石田は、休みの日でも妻子を置いて出かけることも少なくなかった。

「理子さんはワンオペ育児を強いられることが多く、親しい人に愚痴をこぼすこともあったそうです。その矢先のコロナ感染。しかも感染源とされる茨城でのゴルフに関しては、会食の席に女性がいたことを、あとで知ったとか…」(理子の知人)


(出典 amd.c.yimg.jp)

 理子はこれまで、石田の女性関係には神経をすり減らし、“対策”を講じてきたはずだった。

「理子さんは結婚当初から、石田さんにすべてのスケジュールを報告してもらっています。ですが2人目のお子さんを妊娠した頃に、仕事だと嘘をついてゴルフに出かけていたのがバレる事件があったんです。そのときも、ラウンド後の飲み会には女性がいて、理子さんはひどく落ち込んだ。以降、理子さんは1日に何度も石田さんに電話をかけたり、仕事先を突然訪ねたりするようになったんです。それでもまた“密会”を防げなかった。しかも今回は夫婦間の問題だけではなく、世間に迷惑をかける事態に発展している。理子さんが怒るのも当然です」(前出・理子の知人)

 理子の怒りの原因は、そればかりではない。ママ友との関係悪化を危惧しているのだという。

「理汰郎くんは、名門私立小学校に通っているのですが、保護者のなかには、“理子さんはブログを熱心にやっているから、自分たちのことも書かれてしまうかもしれない”という理由で、距離を置きたがる人も少なくないんです。理子さんはそれに気づいていて、ただでさえ肩身が狭い思いをしているのに、そこに夫のコロナ騒動で世間から批判を浴び、さらに立場が悪くなってしまいました」


 石田は世間のバッシングと妻の怒りを受け止める日々。それに加えて、今後の仕事も先行き不透明な状況だ。

「石田さんは、もともと新商品発表会や映画イベントなどに引っ張りだこでした。石田さんクラスなら1時間程度のイベントで数百万円が稼げるため、コスパのよい仕事で、貴重な収入源になっていたはずです。でも、コロナ騒動によるイメージ低下の影響は非常に大きく、今後は企業側が石田さんの起用を躊躇する可能性もある。現に“CMをおろせ”などというクレームもあるようです」(広告代理店関係者)

 いちばん下の子はまだ2才。3人全員を大学まで私立で、となれば、莫大な教育費がかかる。

「家族が暮らす一戸建ての住宅ローンは完済しているようですが、子供たちの教育費に石田家はかなりのお金を費やしています。出口の見えない状況に、石田さんは不安を抱いているようです。そんな石田さんを支えているのが、理子さんなんです。怒ってはいてもそこは夫婦ですし、理子さんはとてもポジティブな人。夫婦で協力して、生活を維持していくことを考えています。今回は命の危機もあったので、助かってくれてよかったという思いが強いんです。ただ、監視はさらに厳しくなるでしょう」

石田家に平穏な日々はくるのだろうか
教えて、理子さん

(出典 image.news.livedoor.com)