(出典 dorama9.com)

小山田(志村けん)から認めてもらえず落ち込む裕一(窪田正孝)。早慶戦まで残り3日と迫るなか、裕一になんとしても作曲してほしいと思う団員たちが家に乗り込んでくる。 

自分の才能を証明したい一心で、仕事も早稲田の応援歌づくりもそっちのけで、三日三晩徹夜で書き上げた交響曲「反逆の詩」を、裕一(窪田正孝)は自分の最高傑作かもしれないと思いながら小山田(志村けん)に見せるが、その反応は冷たいものだった…。


(出典 public1.potaufeu.asahi.com)


(出典 dorama9.com)

自信をなくしショックを受ける裕一。一方、早慶戦までいよいよ3日となり、「紺碧の空」の作曲をお願いしている早稲田の応援団員たちが、裕一の家に押しかけてくる。 

音は裕一を抱きしめる…


(出典 realsound.jp)

yuzuyuzu
@yuzuyuz25825471

好調で嬉しい😆昨日の37話は、久志様がウィンクして久志ガールズを卒倒させて「#罪だな僕という存在が 」と仰った日ですね🥰#エール#佐藤久志#山崎育三郎窪田正孝主演「エール」第37話は22・1% 番組最高を更新… https://t.co/28LFGi2N0L

2020-05-20 20:39:30

(出典 @yuzuyuz25825471)

朝倉
@saku_ra8

「惚れた?」「罪だな、僕という存在が」クッッッ💘さすが育三郎だ……………………言われてぇ、「惚れた?」って言われてぇ…!w #エール (37話)

2020-05-20 20:18:27

(出典 @saku_ra8)