(出典 up.gc-img.net)

東出昌大(32)との不倫が報じられた唐田えりか(22)が29日(2020年3月)、NHKBSプレミアムのスペシャルドラマ「金魚姫」(写真・NHKホームページより)に出演した。

今年1月に不倫騒動が報じられて活動を自粛して以来、2か月半ぶりのドラマ出演になる。日刊スポーツ紙オンライン版(3月29日付)によると、「金魚姫」の唐田えりか出演シーンは、不倫報道より前に撮影されていたそうだ。


(出典 pink-almond.com)

ネット上では「不倫女優を出演させるなんて、もう受信料を払わない!」と激怒する一方、「もう許してあげたら」と許容する意見や「もともとNHKは不倫芸能人に寛容だよ」などとさまざまな意見が飛び交っている。

「受信料を払っています。唐田や東出のために再度の撮り直しにかかる費用を考えたら、そのまま流してくれて構わない。観るか観ないかは個人の自由だし」

そもそも不倫をした芸能人をいちいち出演禁止にしていてはキリがないという声も。

「浜ちゃんも渡辺謙もミスチルもみんな出とるやん。唐田えりかを見たい人も沢山いるのだから、いいいんだよ、これで」

実際にドラマ「金魚姫」を見た人たちは、唐田えりかの演技にこんな評価を下していた。


(出典 pink-almond.com)

「演技力に乏しい。見た目もパッとせん。それにしても、男に利用されて捨てられて自死という役どころは、実キャラとかぶり過ぎていて引いたわ」

「誰これ? 取り柄のない人だなあと思って見ていて、ここで渦中の人と知りました。全く印象に残らないタイプだし、出ても出なくても問題ない感じでした」

「映画『寝ても覚めても』のヒロインと同じ演技だったように思いました。出ているのは知らずに見ましたが、あれ、映画のあのヒロインと同じキャラ...と思ってキャスト確認したら唐田えりかでした。映画ではあのキャラがうまくハマったけど、このドラマではちょっとなあという感想です」

「『男に飢えてるって思われたのかな』ってセリフがあり、笑えたー」