『エール』第3話では、裕一(石田星空)の窮地を藤堂(森山直太朗)が救う

3月30日よりスタートしたNHKの連続テレビ小説『エール』。第3話では、裕一(石田星空)の窮地を藤堂(森山直太朗)が救う。 裕一がガキ大将の村野鉄男…
(出典:エンタメ総合(リアルサウンド))



(出典 storage.mantan-web.jp)

蓄音機から流れる西洋音楽に夢中になっている裕一(石田星空)だったが、運動会の日が近づくにつれ、憂うつな気持ちを募らせる。父の三郎(唐沢寿明)は裕一を元気づけようと、速く走る練習をするが、運動会の練習でも失敗して皆の足をひっぱってばかり。真面目に取り組んでいないと思われて、体育教師に叱られているところを、赴任してきたばかりの藤堂清晴先生(森山直太朗)に助けられる。そして運動会の当日…。
 
(出典 realsound.jp)


シラトリユリ
@shiratorihana

どんなに言葉がもたつく裕一にも、音楽はただ真っ直ぐ流れる。耳にも心の中にも。まるで山と川のように。明日の3話も楽しみです。#朝ドラエール #エール

2020-03-31 08:19:31

(出典 @shiratorihana)

あのり
@nagasaka19841

エール第1話視聴。ツイッターで騒がれていた通り、始まりが斬新過ぎて笑う。長崎出身役の萩原聖人さんにグッとくる。長崎弁、自然な感じで良き。藤堂先生、まさかのお墓の中で思わず「えぇぇっ⁉︎」と言ってしまった。第3話から登場するっぽい。楽しみ。

2020-03-31 01:37:11

(出典 @nagasaka19841)

いりえくん
@irie_of

あっ エール今日からか……スカーレット3話くらいで離脱してしまったのでエールまたがんばりたい…

2020-03-30 08:28:49

(出典 @irie_of)