(出典 ikuji-funtouki.com)

女優の浜辺美波と俳優の横浜流星が、7月期の日本テレビ系水曜ドラマ『私たちはどうかしている』(毎週水曜よる10時~)でW主演を務めることがわかった。ネット上で反響が寄せられている。


(出典 plus-net.fun)

今作は、講談社「BE・LOVE」で連載中、累計発行部数200万部超の同名漫画(安藤なつみ著、既刊11巻)が原作。老舗和菓子屋を舞台にしたクールジャパンなラブミステリーとなっている。


(出典 irohanihohoho.com)

日本テレビのドラマ初主演となる浜辺は、芯が強く、可憐で才能にあふれ、誰にも物おじしない和菓子職人・花岡七桜(はなおか・なお)を、横浜は創業400年の老舗和菓子屋のクールな跡取り息子・高月椿(たかつき・つばき)を演じる。

15年前に起こった老鋪和菓子屋「光月庵」主人の殺害事件を巡り、過酷な運命に翻弄されながらも惹かれ合う2人の物語を、今作が初共演となる浜辺と横浜のW主演で放送される。


(出典 pbs.twimg.com)

母子家庭だった七桜は、和菓子職人である母が勤める老舗和菓子屋「光月庵」に母娘で住み込んでいた。光月庵の跡取り息子・椿は七桜と同い年で、お互いに初恋の相手でもあった。

しかし、ある朝。椿の父=光月庵の主人が何者かに刺され、血まみれで発見される。当時6歳の椿の証言で、七桜の母親は逮捕され、七桜も光月庵を追い出されてしまう。主人を刺したのは、本当に母なのか…?謎が残されたまま、母は取調べ中に亡くなり、15年が過ぎた。

七桜と椿は、ある和菓子の対決で再会。七桜の和菓子に興味をもった椿は、七桜が幼なじみと気づかぬまま、初対面でプロボーズする。七桜は母の無実を証明するため、正体を隠したまま、椿との結婚を利用して光月庵に乗り込むことを決意。しかし、そこには思わぬ逆境が待ち受けていて…!?

幼なじみで初恋の相手でありながら、“容疑者の娘”と“被害者の息子”の2人。七桜の正体は、いつ暴かれてしまうのか?その時、椿はどう思うのか?惹かれ合う2人は、運命のいたずらを乗り越えられるのか?そして、椿の父を殺したのは誰なのか!?15年前の事件の真相とは!?「あなたの番です」を世に送り出したスタッフがこの夏お届けする、憎むべき相手なのに、互いに惹かれ合う2人のスリリングなラブミステリー。


(出典 i.ytimg.com)

ファンからは「大好きな漫画!ドラマ化楽しみ」「今をときめく浜辺美波横浜流星の初共演、最高」「大好きな2人の共演きたー!早くも待ち遠しい」「7月が待ちきれない」など歓喜の声が続々と寄せられていた。


kozue🍯🍋🌈
@kozuemikan0531

#私たちはどうかしている大好きなマンガだし、横浜流星くんも浜辺美波ちゃんも好きだけど、なぜか実写化は嫌な気がするのはなぜだろうか?🤣💦💦💦

2020-03-25 12:58:42

(出典 @kozuemikan0531)

お酢
@suu_myu

横浜流星くんと浜辺美波ちゃんのラブシーンなんて、おばさん鼻血だらだらして見るね😢

2020-03-25 12:35:56

(出典 @suu_myu)

お酢
@suu_myu

ひゃー!!好きな漫画!!しかも椿が、横浜流星😭😭桜は浜辺美波ちゃんなんて…震原作ファンも文句なし。 https://t.co/CVNt45o4EF

2020-03-25 12:30:26

(出典 @suu_myu)