(出典 cinonsan.com)


(出典 i.bb-navi.com)


最終回


文吾「犯人は俺だ。みきおの共犯者は俺なんだ。もう俺のことは忘れてくれ。家族の縁も切る」



(出典 arafifblues.com)


鈴、慎吾から預かった絵を渡せなかった和子


(出典 pbs.twimg.com)

心と和子が面会に行くと、文吾は自白して縁を切った。面会の前に本(俵万智「サラダ記念日」)を読んで何かを決心したようだ。


馬淵は自白を取れたことを喜んだ。



(出典 pbs.twimg.com)


心と和子・鈴・慎吾たちが自宅に戻ると、マスコミが押し掛けてきた。が、伊沢と徳本が守ってくれた。



(出典 pbs.twimg.com)


2人は村を離れた方がいいと助言してくれた。


翌日。学校でイジメに遭って先生方に連れられて帰宅してきた鈴・慎吾。和子は子供たちのことを思って、仙台の実家に隠れることを決意。

心はタイムカプセルに何かヒントがあるかも、と提案。文吾の手紙を読み始めると…。



(出典 www.cinemacafe.net)


そこには、30年後の子供たちへの想い。妻への感謝が綴られていた。

「逃げだしたくない。帰りを待つ」和子たちの想いは一致した。


心は、一度は断られたみきおの元に、もう一度会いに行く。すると、みきおが病室を抜け出していて大騒ぎ状態。

心がみきおの病室に入ると、「THE END」の文字とナイフが描かれた絵が、ベッドの下に落ちていた。

音臼小の多目的室に行くと、みきおがいた。

鈴が学校でイジメられていると聞いたみきおは、「作戦変更だ」という。



(出典 pbs.twimg.com)


転校してきた時にイジメを助けてくれた鈴の味方になるって決めた、という。

しかし鈴の正義のヒーローは佐野文吾だった。だから排除しようとした。


千夏で実験、明音は鈴をイジメていたから翼に殺害(未遂)させた、田中のお爺ちゃんは苦しまずに死んだ、と自供するみきお。



(出典 i.imgur.com)



(出典 pbs.twimg.com)


みきお「とにかく僕だけが鈴ちゃんのヒーローになる完璧な作戦だった。でも作戦変更、今、鈴ちゃんが一番喜ぶのは佐野文吾を無罪にすることだよね。心先生にも役に立ってもらうよ。ジエンド―!



(出典 pbs.twimg.com)



(出典 pbs.twimg.com)


みきおはレコーダーをポケットから取りだした後、瓶の液体を飲む。心は体当たりしてやめさせたが、苦しみ、搬送されていく。

みきおが自白したレコーダーを心は警察に渡す。これが決め手で、文吾は釈放された。「警察の威信は保たれたな」と馬淵は告げた。

実家に戻った文吾は、自白した理由は脅しだったと言う。差し入れ(差出人は不明)の本の文字に赤丸があり、つなげると「か・ぞ・く・み・な・ご・ろ・し」と読めたからだった。


しかし、みきおの共犯者が誰なのかは不明だ。

1977年の村祭りで、徳本の母が亡くなったが、その原因は田中義男の奥さん(=正志の母)が間違って毒キノコを入れていた。そう文吾は思いだす。

事故として処理しようとした文吾だったが、県議会議員に立候補予定だった義男が「村に不安を残すな、絶対さがせ」と言って捜査を促した。

それで義男の奥さんと分かったが、すると、義男は県警に訴えてもみ消しを働きかけたという。上手くはいかなかった。そして村祭りは中止になった。

12年前の駐在日誌を読み返すと、村祭りに校長の息子・石坂徹(当時18歳)が来ていた。東京の大学に在学中だが里帰りしていた。喧嘩で軽い傷を負っていた。毒キノコ騒ぎで仲裁に行くのが遅れてしまったのだが…。


みきおの病室にて。石坂校長が落ち込む木村さつきに声をかける。

昔、高校1年の木村さつきは赤ちゃんができた。中学の時の担任教師だった石坂のもとに相談してきたが、石坂は狭い田舎での立場も考えて、堕胎を勧めた。しかし「あんたの身になって考えてやれんかった。今でも後悔してる」と石坂は謝る。



(出典 pbs.twimg.com)


さつきは「もう二度と子供を傷つけることはしないと思ってたのに、(みきおのことを見て)また弱い子供を守れなかった」と嘆いた。

石坂は「あんたは昔から優しい子だった。子供のことを大事に思う人は神様が守ってくれる」と声をかける。

心と文吾が井沢に校長の息子について聞き込みに行くと、もう10年以上、消息を知らないという。東京の会社でイジメに遭ったらしいがそれ以上は聞いていない…。



(出典 pbs.twimg.com)


次に校長室に行くと、親子の絵などが散乱していて、ナイフもない!?



石坂校長は行方不明だ。佐野家に脅迫状(佐野文吾 宛)が届いていたが、心は文吾には見せなかった。未来ノートのコピーとともに、警官家族3人(和子・鈴・慎吾)惨殺の手作り記事も入っていて、〈皆殺しが嫌なら一人で来い 音臼神社 明朝8時〉と手書きで呼び出しがあった。



(出典 www.crank-in.net)


12年前の村祭りの日付、3月19日は明日だ。「俺はこの家族を絶対に守るって決めたんだ」と心は覚悟を決める。

翌日。あさ7時半ごろ(駐在所の時計より)。「お世話になりました。佐野家で過ごした幸せな時間は一生忘れません」と書き置きを残して、心は去っていった。

185センチ、30代男性が倒れているという無線が入る。車がパンクしていたため走って心を捜しに行く文吾。



(出典 pbs.twimg.com)


すると駐在所に石坂校長がやってきた。和子が応対する。

石坂は東京まで息子に会いに行っていた。息子は大学卒業後、入った会社をすぐに辞めた。事業をするというので「信用できるか。一銭もやらんと叩き出した」それから、縁を切った状態だったという。

「この間、孫が生まれたって、それが何だって思ってたんですが…」文吾と心を見て、石坂は親子とはこういうものだと思った。お互いに信用しあって、疑われても傷つけられても最後には支えあって。文吾と心を見て、息子ともう一度やり直したい信じてやれなかったことを謝りたいと思って。それで孫にやろうと思って絵を描いて持って行った。息子は「俺の方こそ悪かった許して欲しい」と言っていたという。


心がひとり向かった音臼神社には誰も現れない。

一方、文吾は無線で連絡があった(三島明音が発見された)小屋に向かった。すると、背後からナイフで服を切られ出血する文吾。


文吾「お前だったのか。」



(出典 pbs.twimg.com)


ナイフを持っていたのは、田中正志(せいや)だ。


正志「正義の味方が聞いてあきれる。他人の人生踏みにじっておいてまるで覚えていない。あんたは気持ち良かっただろ。母さんはただキノコを鍋に入れただけ。罪ってほどの罪じゃなかった。でもあんたの点数稼ぎのために捕まって、親父に捨てられて、散々苦労して体壊して、母さんはあっさり死んだ。俺は妹と何とか生き延びようと思った。あいつ(妹)はまだ小学生だった。どこに行っても殺人犯の子だって。それで妹は死んだ。イジメられて自殺した。あんたのせいだ!」


…しかし正志が恨みを持ったのは、文吾のある一言がきっかけだ。



(出典 pbs.twimg.com)


父が大病のため仕方なく村に戻ってきたときに、文吾はこう言った。

「正志。久しぶりだな。親父さん喜んでたぞ、家族は大事にしないとな」



(出典 pbs.twimg.com)


正志「俺の気持ちを知らずにのんきに言ったんだ。許せない、あんたとあんたの家族に同じ地獄をみせてやる。」


みきおとは目的が一緒だっただけの共犯だった。襲いかかる正志。「田村心、あれ息子何だろう。ワアワア泣きながら死んでった。」



(出典 pbs.twimg.com)


文吾は逆上し、ナイフを奪って正志に振りかざす。しかし刺せなかった。「心さんを裏切れねえ。お前を殺したら心さんを裏切ることになる。正志、お前はずっと苦しんできたんだな。すまねえ。気付いてやれなくて。」



(出典 pbs.twimg.com)


「父さん!」心が文吾のもとへ駆けつける。すると文吾のナイフを自分の腹に刺そうと持ってくる正志。心が止めに入り、心は刺され死んだ。


心「俺、家族の未来を守るためにここに来たんです。父さんと母さんと姉ちゃん、兄ちゃんに出会えたから俺は強くなれた、ありがとう
文吾「死ぬな、いいか、よく聞け、お前は俺の息子だ。


(出典 cinonsan.com)


「父さん」とつぶやき涙しながら意識を失っていく心に、「死ぬな。起きろ起きてくれ、心!」と文吾は叫んだ。




     30年間後


木村さつきとみきおはカフェで働いている(自分の店?)。さつきは芋ようかんを客に出していた。



(出典 pbs.twimg.com)



佐野家(文吾・和子・鈴・慎吾・心・由紀)はお店で食事会を開く。和子や大人になった慎吾(澤部佑)も生きている。



(出典 toriizaka46.jp)



(出典 pbs.twimg.com)



(出典 arafifblues.com)


佐野心と由紀は結婚していて、子供(女の子)が生まれてくる。おめでた報告の集まりだ。


文吾は「未来(みく)」と名付けたいと言い出した。



(出典 pbs.twimg.com)


心はびっくりする。

それ、俺が考えてた名前と同じ…

どうして…




(出典 pbs.twimg.com)


田村心がタイムカプセルに家系図を残した

過去を知る文吾だけは知っていたからだ



(出典 takahide.net)



(出典 s.eximg.jp)



(出典 cinonsan.com)


『船は完全に生まれ変わり、古い記憶は薄れていく。でも俺たちはいつまでもずっと家族だ』と文吾は思う。


(出典 pbs.twimg.com)


「佐野家みんなの幸せな未来を祈って乾杯!」



(出典 cinonsan.com)

過去にタイムスリップしてきた田村心はもうここにはいない。家族を守るため、命を惜しまず戦ってきた心。今、佐野家の輝かしい未来があるのは田村心のおかげであることを知っているのは文吾だけ。文吾は秘めた思いを30年間ひとり心の奥にしまってきたのかと思うと涙が溢れるラスト


(出典 pbs.twimg.com)



(出典 entame777.info)


(出典 cdn.shortpixel.ai)


(出典 amd.c.yimg.jp)


(出典 i.ytimg.com)


日曜劇場テセウスの船 視聴率一覧

1話 11.1%
2話 11.2%
3話 11.0%
4話 11.0%
5話 11.8%
6話 13.2%
7話 14.0%
8話 15.3%
9話 14.9%
最終話 19.6%


(出典 amd.c.yimg.jp)

ここまる
@ptnlhVOcaD0EZ89

テセウスの船の最終回見たわたし*だからラストまったく理解不能、、心さんが未来変えたってことでいいのでしょうかでもなんでお父さんだけ覚えてる風?そしてさつき先生とみきおが爽やかにカフェ店員してる謎。この人殺人犯ですよー!なんでー!

2020-03-23 11:32:31

(出典 @ptnlhVOcaD0EZ89)

志々雄さん
@zxuponkatana

テセウスの船の最終回、黒幕は誰や誰やと思って観てたらせいやで思わず「せいやかい!」ってポロっとでてしまった

2020-03-23 11:26:50

(出典 @zxuponkatana)