『スカーレット』第145話では、武志(伊藤健太郎)がやり場のない感情を初めて爆発させる

毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『スカーレット』。3月23日放送の第145話では、武志(伊藤健太郎)がやり場のない感情を初めて爆発…
(出典:エンタメ総合(リアルサウンド))



(出典 amd.c.yimg.jp)

武志(伊藤健太郎)がやり場のない感情を初めて爆発させる。

武志が念願の作品を完成させる。その出来と充実した武志の表情に喜美子(戸田恵梨香)も喜ぶ。


(出典 news.mynavi.jp)

しかし、達成感を味わう武志に異変が起きていた。


(出典 realsound.jp)

武志は通院して、大崎(稲垣吾郎)に薬の副作用で味覚がおかしいと告げる。


(出典 www.lmaga.jp)

​大崎は喜美子へ電話をかける。「変わったことはありませんか?武志くんから味覚がわからないと相談された」と喜美子へ報告。少し様子をみてほしいとお願いした。

家では八郎(松下洸平)が武志の作品完成を祝おうと卵焼きを焼いていた。


(出典 realsound.jp)


(出典 realsound.jp)

だが、武志は八郎に突っかかり、やり場のない感情を初めて爆発させる。

実は闘病していた高校生が亡くなる前に書いた手紙を受け取っていた。