(出典 amd.c.yimg.jp)

 フリーアナウンサー、田中みな実(33)が4月18日スタートのテレビ朝日系「M 愛すべき人がいて」(土曜後11・15)で、本格的な悪女役に初挑戦することが17日、分かった。歌手、浜崎あゆみ(41)をイメージしたヒロインをゴキブリと呼んだり、「泥棒の手をしている」といじめ抜く役どころで「こんなに意地悪な役は初めて…」と、どっぷりハマっている。


(出典 image.news.livedoor.com)

ドラマは浜崎の同名自伝的小説が原作。ヒロインのアユを新人歌手、安斉かれん(20)、浜崎が過去に交際した育ての親の松浦勝人エイベックス会長(55)をイメージした音楽プロデューサー、マサを三浦翔平(31)がW主演で演じる話題作だ。

 関係者によると、田中は原作にはないマサの秘書、姫野礼香(れいか)役で、既婚者のマサが離婚するのを長年待ち望んでいる設定。ストーカー並みの執着心で愛するあまり、マサに肩入れされるアユが許せず狂気じみた嫌がらせを繰り返す。

 劇中では、礼香にふんした田中が、アユを念頭に「見えるな~。黒い未来が」「彼女、しぶといですよ、ゴキブリみたいに」と毒舌全開。さらにアユの手を取り、「人を不幸にする手ね。泥棒の手をしている」などと責めるシーンが満載だ。

 田中は「マサを愛する所有欲が増幅し、思わぬ行動に出る礼香の奇行に注目していただければ。秘書という立場や権力を振りかざし、あらゆる姑息な手段でアユの足を引っ張ります」とノリノリ。「こんな意地悪な役は初めてですが、新たな自分を発見できたら面白いな」と新境地開拓に意欲をみせた。

 普段の小悪魔キャラ転じて、意地悪丸出しの熱演に視聴者はくぎ付けになりそうだ。


(出典 image.news.livedoor.com)




もち子
@mochi2co5

推しもでるし田中みな実氏もでることにテンション上がってたけど、あゆの不倫美化ドラマだったことを思い出して🙁の顔になってる

2020-03-18 22:04:17

(出典 @mochi2co5)

(た)りえちょん。
@TA_rlechon

あゆ役は誰がなってもなりきれんと思うから誰でもいいけど三浦翔平が謎に苦手で無理や。けど、田中みな実ちゃんと河北麻友子ちゃん出るから観なきゃ❤️高橋政伸さんと高橋克典さんのチョイスなかなか良いと思う。なんやかんや観… https://t.co/YE6Zysj8wb

2020-03-18 20:51:24

(出典 @TA_rlechon)