(出典 amd.c.yimg.jp)

 Hey! Say! JUMPの 高木雄也(※「高」は正式には「はしごだか」)が舞台『裏切りの街』で初の単独主演を務めることがわかった。 

今作は、しがないフリーターの若者が、恋人に嘘をつき、現実と向き合おうとしないまま、主婦との先のない関係をずるずると続けるストーリー。

現代の軽薄な人間関係や時代性をリアルに描く今作で高木が演じるのは、これまで舞台で演じてきた 役柄とは異なり、将来の展望もなく、現実から目を背けて生活する若者。その相手役となるのが、数々の映像作品での活躍に加え、『トーチソング・トリロジー』(06)や『NO.9-不滅の旋律-』(18)等の舞台作品でも熟練した演技を見せている実力派女優の奥貫薫。日常から逃げるように、出会い系サイトで知り会った若者と不倫関係に陥る、どこにでもいそうな平凡な主婦を生々しく演じる。 


(出典 oucedonc.com)

『裏切りの街』は、5月31日~6月16日に新国立劇場中劇場にて東京公演、6月20日~22日にクールジャパンパーク大阪WWホールにて大阪公演が上演される。


《ストーリー 》

無気力なフリーター、菅原裕一( 高木雄也)と平凡な専業主婦、橋本智子(奥貫薫)。菅原には長年つきあっている 彼女がいて、智子には結婚している夫がいる。その2人が出会い系サイトで知り合い、出会い、恋愛をし、逢引を繰り返す。2人はお互いに何かを求めるわけでもなく、この恋愛に発展性がないこともわかっている。お互い、大切だと思えるパートナーがいるにもかかわらず、身のない「浮気」を繰り返す。会っている意味など考えず、「裏切る」という行為の罪悪感に苛まれることもなく、惰性ともいえる2人の関係は続いていく。そして、家に帰れば、お互いのパートナーに対して、別の愛情表現をする。それを壊す勇気などない。この先、自分はどうしたいのか。そんなことは考えない(ふりをした)まま、ただただ日常生活をこなしていく…。 


(出典 pbs.twimg.com)