(出典 pbs.twimg.com)

第92回アカデミー賞授賞式が2月10日(日本時間)、米ロサンゼルスのドルビー・シアターで開催され、松たか子がイディナ・メンゼルら世界各国の“エルサ”と共に「イントゥ・ジ・アンノウン」の歌唱パフォーマンスに参加した。アカデミー賞授賞式での歌唱は日本人として初となる。

メイン楽曲「イントゥ・ジ・アンノウン」を手掛けたのは、前作で第86回アカデミー賞歌曲賞を受賞したロバート・ロペスとクリステン・アンダーソン=ロペス夫妻。この「イントゥ・ジ・アンノウン」は、前作で“ありのまま”の自分を受け入れたエルサが、彼女だけにしか聞こえない“不思議な歌声”をきっかけに、再び自身の“力”と向き合い、迷いを感じながらもまだ見ぬ“未知なる世界へ”と踏み出そうとする彼女の想いが溢れた曲。

 本国のエルサ声優イディナ・メンゼルが「イントゥ・ジ・アンノウン」の1番を歌い上げた後、華やかな白のドレス姿で登場した松は、「どうして、呼び続けてるの」と日本語で2番の歌い出しを担当。世界のエルサ声優に歌唱パートをつなぐトップバッターとしての役割を果たし、会場のドルビー・シアターに圧巻の歌声を響かせた。

 歴史ある大舞台でパフォーマンスを披露した松に、SNS上では「松たか子さん、堂々としていて素敵だった」「めっちゃ泣けた……ほんとに素晴らしい」「圧巻の歌声!!」といった反響が続々。また、パフォーマンスを見た海外の人も「日本のエルサ声優(Japanese Elsa)、素晴らしいパフォーマンス」「タカコ・マツはすごく美しかった」などとリアクションしている。



(出典 www.cinemacafe.net)

松さんを含めた各国エルサたちはベージュ~ピンクペールの色味で統一された衣装で登場、美しいハーモニーで会場を魅了した。


(出典 pbs.twimg.com)

松さんはレッドカーペットで本日のパフォーマンスについて聞かれると、「自分以外のエルサと一緒にいるということはそうそうあることではないのでとっても貴重な時間、不思議な奇妙な時間です。楽屋がエルサだらけでキャッキャと言ってます」と語っていた。


(出典 news.biglobe.ne.jp)

さらに、各国のエルサたちとは「みんな、『すばらしい経験よね』って喜んでいて、明るくて、気遣い合って、プリンセスをやった人の優しさに溢れてます。なるほど、こういう人たちがやってたんだと勉強させてもらいました」と明かしていた。


(出典 pbs.twimg.com)